#

電気ごてのハードウェアを今日は作っていた。

今回の電気ごては100V5Aを扱うので、マイコンでパワートランジスタを制御して

出力制御をするようにしている。

マイコンから直接パワートランジスタを動かすことはできないので、

ダーリントン接続を使い、回路の増幅度を稼ぎパワートランジスタを動かすようにした。

当初は抵抗の選定を間違っていたので中途半端にパワトラが動き、パワトラが熱くなっていたが

抵抗を計算し直して付け替えて動くようになった。