#

引き続き焼き鏝の制御プログラムを書いている。

一般的なサイリスタ制御のように画像のようなスイッチングを素子にさせると

最大電流の箇所で何度もスイッチングする事になり、

スイッチング素子での電力損失が大きくなり、回路の小型化に不利になるので、

50%以下に出力を下げる場合はSIN波の半波を完全にカットし、

残りの半波をスイッチングしてヒーターに入力するようにした。

ブレッドボード上での小電力でのテストでは特に問題なく動いている。

次は回路を作って500W実際に入れてテストをする。