#

ヒーターを固定穴に通し、耐火パテと陶器のシースで配線同士の接触を防ぐ隙間を作り

持ち手を取り付けて焼き鏝が完成した。

耐火パテが固まったら電源を入れてテストをしてみる。

LPGバイクと電動バイクで使うスプロケットが届いたが、

キー溝が切られておらず、このままでは使えない事が分かった。

いくつかのスプロケットを作っている業者に問い合わせたところ、

機械の卸し業者を通して代理店に連絡を取り、そこで見積もりを貰えとの事であった。