#

以前作った焼き鏝は持ち手と印の部分が直線上にあり

使いづらかったので、鶴首形状の新しい焼き鏝を作っている。

電熱機器を売っている会社に伺ったところヒーターのワット密度によりヒーターと部材との間の

クリアランスが厳密に決まっているらしいので、穴をリーマで仕上げでヒーターを入れた。

その後鶴首の角度を可変できるような機構を探しに近所にホームセンタに行ったが、

取扱いが無いようだったので、自分で溶接をして作った。

大体の形状が出来たので、一度組んでみたのが上の写真である。