#

焼き鏝の取っ手が熱くならないようにするヒートシンクを削り出すにあたり

いきなりアルミで削ると設定ミスが有った際に刃物がワークに突っ込んで折れるので、

まずは木を削って設定が正しいかを確認する事にした。

刃物がワークに突っ込んだり、Fusion360側でのワークサイズの設定に

ミスがあったりと、細かいミスはあったが、フィン部分は切削する事ができた。

この日はこの作業の後、エルドラモデルさんから依頼されている

テーブルの脚の制作についての打ち合わせに行った。

机に初めからついている脚がかっこ悪いので、作り起こしてほしいとの依頼で、

当初の案ではステンレスの丸棒をシームレスに削ってキャスターまで繋ぐ案だったが、

弊社の旋盤ではそこまでのワークサイズが取れないので、

数10cm毎に切削し、最後にネジで繋ぐような構造はどうかと提案した。