#

机の脚を新しく作って欲しいとの依頼が有り、

その脚の作り方と部材を検討している。

その脚の固定は新しく固定具を作らないといけないが、

脚は旋盤で丸棒を削って作るので、固定具も丸棒を固定できるような形状にしなければいけない。

そのために熱間曲げ加工で固定具を作る事を考えている。

今までアセチレントーチで、しかもパイプしか曲げた事が無かったので、

試しにステンレスの板を買ってきて、ガソリンバーナーでやってみたところ

ガイドの丸棒と板を溶接で繋いで固定してやればなんの事無く曲げられそうであった。

他には、ガソリントーチを折角持ってきたので、以前に失敗したアルミ鋳造をもう一度試してみようとした。

鉄のフライパンでやると表面積が大きすぎてそもそも温度が上がらないので

鉄パイプを加工して小さいルツボを作り、それでやったところうまくいった。

だが、出来上がる湯の量が少なすぎて使い勝手が悪いので、もう少し大きいルツボを作って実験する。